人間の多様性と寛容について

人間の多様性とは、数学に没頭する者もいれば、スポーツ、旅、昆虫に没頭する者もいるという事であって、弱者・被侮蔑者が堂々と容認されるようになるという意味ではない。自由の擁護は格差を伴うのである。 何者にも干渉しないことが「寛容」なので、「融和…

ルソーの「人間不平等起源論」と「反自由」

結果平等を目指すルソー以来の左翼思想(北一輝の純正社会主義もそれ)は「反自由」に帰着する。 なぜなら、結果平等を達成するには、権力によって、遺伝・脂質・努力好き・趣味嗜好・親から与えられる恩恵などを剥奪することなしに、実現することは不可能だ…

慰安婦問題 何がどう影響を与えたか。

1970年8月14日付ソウル新聞に「1943年から1945年まで、挺身隊に動員された韓日二つの国の女性は全部で20万人。そのうち、韓国女性は5万人から7万人」(慰安婦とは書いておらず、工場動員のつもりだったのか、慰安婦のつもりだったのか、…

大英帝国のロイド・ジョージと河上肇

日本の共産主義者の祖と言ってもいい河上肇は、大英帝国のロイド・ジョージを称賛してやまなかった。 苦学力行、不撓不屈であり、」貧困庶民の味方であった所以を河上肇は「貧乏物語」の中で縷々説明している。 しかし、奇妙なことにわれわれは気づく。 日本…

河上肇「貧乏物語」の内容とは

貧乏の存在とその痛苦は、個人の側の克己と工夫、そして国富。この二つながらそろわなければ達成できぬ事柄である。 河上肇は、この個人の側の克己、工夫、勉励をまったく無視する論を主張していた。 国家による給食を奨励するなら、ギャンブルを禁止すべき…

日本左翼の元祖、河上肇の発想

現代日本左翼の元祖にあたる京都大学の河上肇(マルクス本訳者で日本共産党員)は、「富者は自動車に乗るな。自動車は救急車のために作れば足りる」 「酒は造るな。酒など造るから、飢える人にコメが回らない」と当時のベストセラー「貧乏物語」に書いた。

譲位と退位  マスコミの態度

皇后陛下のお言葉には「譲位」という文字は何度も使われているが、政府公式文書にはまったく記載されていない。また、菅官房長官は、「担当国務大臣」なのだが、「譲位」ではなく、「退位」という、と明言している。産経新聞は勝手に「譲位」と言う前に、政…

自由社会の自由とはなにか 河上肇とマンデビル

近衛文麿の師であり、日本左翼の原点でもある河上肇は、「貧乏物語」で、明確にマンデビルの「蜂の寓話」(私益が公益になる」を否定し、個人主義を否定し、「合同主義」「国家主義」「計画経済」を主張した。「散歩番組」「ナゼそこに日本人」が示すように…

高麗とはなにか。

返信先: @m_urokoさん、@hinatanococoさん 高麗は、半島人が高句麗に新羅時代の歴史的存在に事大してつけられた名前であろう。 フィリピンがスペインのフェリペ2世に由来するように。 もちろん、フィリピンは元来、スペインに征服されただけで、スペインが…

河上肇「貧乏物語」について

河上肇「貧乏物語」には、貧困根絶について、 「富者の奢侈を廃止すること」 「生産手段を国有化すること」のふたつが挙げられている。 富者の奢侈があればこそ、たとえば航空交通は発達しただろうことを河上肇は考えない。 国有化、すなわち計画経済の矛盾…

太宰治 「嘘」の意味

太宰治は落語全集を読みふけった後、落語の手法を取り入れて繰り返し同じ方法で短編を書いた時期がある。 「走れメロス」の 「ひとりの少女が、緋のマントをメロスに捧げた。メロスは、まごついた。佳き友は、気をきかせて教えてやった。「メロス、君はまっ…

日韓基本条約と朝鮮人強制連行

韓国政府発行「韓日会談白書」40頁 「韓日間の請求権問題に賠償請求を含ませることはできない。」 「請求権は、領土の分離分割にともなう財政上および民事上の請求権である。」 (民事上の請求権とは「預貯金」などのこと) 巨額の資金を供出したのは、「…

朝鮮の差別 世界の差別

姜尚中編「在日一世の記憶」によると、来日前の朝鮮半島庶民は通常、日本人を「倭奴ウェノム」という習わしだった。そして2013年海老蔵主演「利休にたずねよ」では、利休が朝鮮女性に「日本は蛮族」と言う場面がある。 以下は小名木善行「悪逆と非道 李…

崔洋一監督 北野武主演「血と骨」の内容

崔洋一監督の北野武主演「血と骨」は、在日朝鮮人が壮絶な家庭内暴力の末に実の娘を自殺に追い込み、妻妾同居で、妻に地獄の思いをさせ、小さな事業をやれば、従業員の日本人を罵倒していじめ抜く。しまいに全財産を北朝鮮に寄付する。まことにすさまじい在…

慰安婦問題の起源ノート

挺隊協創始者の尹 貞玉は1943年に梨花女子専門学校1年生。 1950年、朝鮮戦争中に米国に留学して帰国後、53年梨花女子大英文科講師に就任。この時代にこのような学費が可能だったとすれば、親日のかなり裕福な家の娘だった。尹 貞玉は、嘘をついて…

スペイン内戦からスターリンの対日戦争計画まで

ソ連はヤルタ協定の日本に関するルーズベルトとの密約、およびポツダム会議におけるこの密約内容の再確認をしたことを正当化の根拠にして、「連合国に味方した」とソ連国民に説明。(チャーチルはこの密約が米国国民に知らされないままソ連の対日参戦に口実…

日本終戦史録

1944年7月 サイパン陥落 東條英機総辞職 小磯国昭内閣 「聖戦完遂」「制空権を奪われる」 1944年7月ホノルル司令部 「ルーズベルト・マッカーサー将軍・ニミッツ提督 フィィリピンを奪回せよとマッカーサーがルーズベルトに3時間説得。 10月1…

日本の戦争とは何だったのか 2

「広島の原爆慰霊碑の碑文「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」について作者の広島大学教授雑賀忠義は「この過ちの主体は広島市民」「広島市民が軍国主義、戦争に加担するという過ちをして、反省し、死者に謝罪したのだ」と明言した。 (日…

日本の戦争とはなんだったのか

昭和12年7月7日 シナ事変 対米英開戦決意は、ドイツがソ連共産主義を危機に陥れた後である。 その後、日本は蒋介石が米英に支援されていることを知りながら、あえて蒋介石をつぶしにかかる。つまり、蒋介石政権との交戦が長期化すればするほど、英米との…

「許されざる者」と慰安婦問題

許されざる者 1992年 米国 アカデミー賞作品賞受賞作品 この作品の主人公は「登場しない人物」であるという点で非常に特別な脚本である。 わたしはそう見たのだが、意外に、他の鑑賞者の感想文を見ているとその点語られていないので、書き記しておこうと…

戦後民主主義とリベラルの敗北

1955年までは日本の産業構造は農業水産業中心であったから、実際には農林水産業従事者は、共産主義思想、政府転覆思想を理解する素養自体がなく、同時に「快楽消費に対する渇望」がなく、ある程度村々の中の生活に充足していた。そのため、普通選挙は、…

慰安婦・夫婦別姓・福島瑞穂。日本共産党・ソ連

日本共産党はソ連と闘ってきたと嘘をつくが、1949年総選挙で日本共産党は4議席から35議席へと躍進。1946年のベストセラーがソ連のスパイとして処刑された朝日新聞記者尾崎秀実の妻との書簡集であったから、この頃、共産党支持者の日本人はソ連に…

朝鮮総連コネクション

朝銀信用組合 略称 朝銀 北朝鮮の国防省に相当する機関として民族保衛部偵察局があった。 韓国に潜入して韓国国内の労働組合、市民団体を北朝鮮支持に誘導する工作を行っていた。 情報工作機関の「党文化部」は、朝鮮総連を担当して「指導」し、また帰国事業…

なぜ米国は原爆を使えなくなったか

広島、長崎の原爆投下、都市部無差別爆撃についての見方 都市部無差別爆撃も原爆投下もほぼ同じ構図でとらえられていると言ってよい。 どんなふうにか。 平成9年3月の本島等元長崎市長が「広島は戦争の加害者」「広島の第五師団は狂暴なる殺人集団」「最重…

朝日新聞が避けて通ってきた慰安婦の実態

慰安婦の本質 1 行政的扱い 酌婦許可書というものがあり、「酌婦」として「許可手続き」が取られていた。 朝鮮生まれの民間性風俗業者が「警務部保安課の営業係に「稼業婦就業許可手続き」をとることによって、許可されていた。 軍人が「慰安所」と通称する…

二度と過ちを繰り返しませんという広島の犠牲者への誓いを破った日本

500年にわたるヨーロッパのアジア・アフリカ搾取 1840年 アヘン戦争 1860年 東学党起こる(キリスト教に対抗する土俗宗教) 1864年 東学党創始者 処刑 1894年 甲午農民戦争(東学党の幹部が指揮) 日清戦争 創始者の後を継いだ全ボンジュ…

中国、韓国現代史 一巡り

500年にわたるヨーロッパのアジア・アフリカ搾取 1840年 アヘン戦争 1860年 東学党起こる(キリスト教に対抗する土俗宗教) 1864年 東学党創始者 処刑 1894年 甲午農民戦争(東学党の幹部が指揮) 日清戦争 創始者の後を継いだ全ボンジュ…

石川啄木 東海の小島の磯の白砂に

石川啄木 東海の小島 愛知県知多半島近辺にある小さい島に啄木が行った 時のものという説 函館の大森浜が「磯」という説 では小島とは函館のことなのだろうか。しかし函館は島ではない。 太平洋に浮かぶ小さなこの日本という島の函館大森浜の磯ということだ…

大東亜戦争と朝日新聞 その3

憲法9条は、次のようないくつかのタイプの知識人によって支えられているといってよいだろう。 日本自身の武力放棄が他国の攻撃性を和らげて、武力侵攻を思いとどまらせると本気で信じ込んでいる非常に純真無垢な世間知らずでそれでいて弁護士、医師などにな…

大東亜戦争と朝日新聞 その2

昭和21年3月6日に憲法草案が発表されるとその翌日の社説で、米国人の憲法観では、「国民の憲法」「国民の権利」であるところを、強引に「人民」の総意と言い換えている。 「画期的な平和憲法」 狡知に長けた朝日新聞主筆は、米国および日本政府の資本主…