読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れられた韓国の女性の人権問題米軍基地村

韓国の慰安婦問題に慰安婦像はない 米軍基地村

戦後日本では、貧しい女性の中には、売春をする女性が巷にすぐそれとわかるように立っていることがあった。

これを俗にパンパンガール、パンすけと、多くの民衆は侮蔑した。

 

 韓国の場合、米軍兵士向けの売春婦を根性の悪い大衆は、「洋公主」ヤンクンジュ(白人相手のお姫様)と言って馬鹿にした。

 大韓民国という国家が事実上の公娼制を運営しつつ無力な女性たちの肉体を担保に国家安保と外貨稼ぎを同時に解決しようとした、これは国家犯罪なのである。

 

 朝鮮半島が日本の一部だった頃、朝鮮人は併合以前と変わらず、貧困女性を利用して、風俗産業でもうけることに余念がなかった。

 その客は、当然、朝鮮人男性であった。

 この性風俗の街は、朝鮮戦争後、米軍兵士のドル支払い目当てに「米軍基地村」に変わった。

 

 朝鮮戦争で、家族が離散して、貧困に陥った結果、この米軍基地村で性を売る悲惨な体験をした女性は30万人という推算もあるが、現在、韓国では、この基地村の女性が受けた悲惨な体験を「追悼」する運動は、慰安婦問題に隠れて、万分の一の状況だ。

 

 また、1971年12月には、性風俗基地村に来る黒人兵に対して、韓国人が差別的態度を取った事に対して、アメリカ本国に帰還した米軍兵士たちが、韓国人の人種差別に憤りを表明。ニクソン大統領が韓国の朴正熙大統領に対して、憂慮の念を伝えた。

 それに、韓国はあまりに性病が多い、と。

 

 そこで朴正熙は、大統領府に基地村浄化運動の実施を指示。

 これは、性風俗の廃止ではなく、国家ぐるみで、女性の性病管理を行うという意味で、国家の行った「ホワイト・スレイブ」の実例だったが、先進国は後進国ならではの現象と考えて、相手にもしなかった。

 

  1969年9月に開業したアメリカタウンについては、韓国の女性史学者の中には、この群山クンサンのアメリカタウンを政府主導の下で設立された‘軍隊娼婦株式会社’と呼ぶ者もいるが、いまや、日米韓にこれを知る人は少ない。

 日本軍慰安婦制度は、第一次世界大戦時に、民間女性が強姦の被害を受ける事例が多発したことから、日本軍兵士にそのような不祥事が起きないように、設けた苦肉の策で、戦争下に起きる最も野蛮な犯罪、性的暴行を防ごうとする日本軍の良心の現れであった。

 また、ベトナム戦争において、韓国軍兵士は、南ベトナムの女たちと遊んでは、父親の無い子供を1万人から2万人、ベトナムに置いて帰還したが、日本軍兵士に現在、多数の日本軍将兵の兵士が無数に残された、なんてことはない。

 韓国政府の不道徳性は、日本政府要人たちが、まがりなりにも、上記のような正当性を声高に言い立てることはせず、朝鮮人性風俗業者と親の薄情を非難することもなく、黙って、貧困女性の気の毒な立場に配慮して、「広義の強制性があった」としたのに、韓国自身は一切、しらばくれているところにある。

 基地村浄化運動の研究家キャサリン・ムーンの<同盟の中のセックス>によれば、1千人当り性病発生件数は1970年389件、1971年に553件、1972年692件。

 検診で性病にかかっていることが摘発された女性は‘モンキーハウス’と呼ばれた性病診療所に監禁された。

 慰安婦女性たちは関連法が制定され生活安定支援対象として生活費・住居費などの支援を受けている反面、基地村女性たちは国家賠償の対象ではない。現在、基地村女性老人の大部分は貸間などで一人で暮らしているとされる。

 日本の金を受け取った慰安婦の女性たちは、彼女たち米軍基地村の女性たちへの基金を設ける事を政府に要求すべきではないだろうか。

f:id:rekisitan:20170327185212j:plain

2014年7月

ソウル中央地裁民事22部(裁判長チョン・ジウォン)は20日、L氏など基地村「慰安婦」被害者120人が国に対して起こした損害賠償請求訴訟で、「国が被害者57人に対して500万ウォン(約49万円)を賠償せよ」とする原告一部勝訴判決を下した。

 この時の韓国政府の言い分は、米軍「慰安婦」の国家賠償の消滅時効が終了したというものだった。

 ダブルスタンダードと言わざるを得まい。日本に対しては千年経っても、謝罪と賠償を要求し、韓国国内の米軍向け慰安婦の賠償訴訟には、国が敗訴しても、それにはほっかむりして、日本に非難の目を向けるのは異常でさえある。

事実、韓国では、同じじゃないか」との冷笑的観点が大半で、米軍基地村女性問題を利用して日本軍慰安婦問題の本質を希薄させようとする意図が入っていると見られるから、市民団体は、日本メディアの取材問い合わせには対応しないという方針だといわれる。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村