読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南京事件と村上春樹、池上彰

2015年10月24日テレ朝の「池上彰のニュースそうだったのか」で、池上彰南京事件について解説した。

 この解説、とてもおもしろいのは、南京事件の「虐殺の犠牲者数」について、30万人説、20万人説、4万人説、2万人説、まったくない説など諸説ある、と池上彰は解説するのだが、池上彰はこれらの諸説を調べる過程で、この説に説得力があると考える、とは言わない。

 そして、虐殺の定義はなにか。兵士と兵士の戦闘の結果でも虐殺なのか。南京事件とは、兵士が死んだのか、民間人の犠牲のことなのか。なぜ、日本では、東京大虐殺とは言わず、大空襲と言ってきたのか。広島原爆投下とは言っても、「広島大虐殺」とは言わないで来たのか。

 ならば、南京事件のことを「大虐殺」と言い習わしてきたのは、どういう理由によるものか。

 東京ならば、焼夷弾による焼死。原爆なら、主として、爆風、熱戦による死亡。というように、死因はわかっているが、では、南京事件の死因は何なのか。

 以上の点についてはっきりわからない限り、南京事件はなにもわかったことにならないではないか。

 南京事件に問題があるとすれば、中國人も、日本人もこうした点について曖昧模糊としたままで、「南京大虐殺」があったかなかったか、と言っていることにあると言うべきだ。

 そういうわけで、私はあったともなかったとも断定しないし、南京事件で謝罪しようとも思わないのである。

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村