China史ノート 1 列伝 管仲(かん ちゅう)と晏 嬰(あん えい)

 司馬遷管仲(かん ちゅう)と晏 嬰(あん えい)を人間像を比べる形で記述した。

 管仲(かん ちゅう)は知恵者で浪費家、晏 嬰(あん えい)は人格者で倹約家と評価した。

 しかし、この列伝の魅力は、管仲(かん ちゅう)の友人関係にある。

 管仲(かん ちゅう)と晏 嬰(あん えい)が友人だったというのではなく、

 管仲(かん ちゅう)には鮑叔という友人がいた。

 この鮑叔との友情が生き生きとしている。

 「昔、鮑叔と一緒に商売をして、利益を分ける際に私が余分に取ったが、鮑叔は私を欲張りだと非難しなかった。私が貧乏なのを知っていたからだ。また、彼の名を成さしめようとして、かえって彼を窮地に陥れる結果となったが、彼は私を非難しなかった。

 私はが仕官して結果を出せず、何度もお払い箱となったが彼は私を無能呼ばわりしなかった。私は戦に出る度に逃げ帰ってきたが、彼は臆病呼ばわりしなかった。

 私には年老いた母が居る事を知っていたからだ。

 公子糾が敗れた時、召忽は殉死したが私は囚われて殉死できず、辱めを受けた。だが鮑叔は黙っていた。 父母以上に私を理解してくれる者は鮑叔である」

 鮑叔は、管仲(かん ちゅう)が危機に陥った時、「我が君主が斉のみを統治されるならば、私と高傒の2人で十分です。しかし天下の覇権を望まれるならば、管仲を宰相として得なければなりません」と言って、管仲(かん ちゅう)を救った

 鮑叔は管仲の下の立場に入り、その補佐に回った。

 管仲は、代初期以来の古い制度である公田制を廃止。

 斉の領土を21郷に分けた。

 物価安定策、斉の地理を利用した漁業による利益などによって農漁民の生活を安定させた。

 管仲は「倉廩満ちて礼節を知り、衣食足りて栄辱を知る」と言ったとされる。

 孔子は『論語』で、管仲は暮らしぶりが贅沢だったと非難したことがある。

 世評は鮑叔は人を見る目がある傑物だと讃えた。

 管仲は斎の名宰相なのだが、その百年後、晏平仲嬰が現れる。

 晏 嬰(あん えいとも言われる。同じく斎の名宰相。

 身長は135㎝ほどで低身長ではあった。

 管仲は有能、内政外交に成果をあげ、なおかつ豪奢な生活をしたが、晏 嬰(あん えいは、とにかく、質素な暮らしぶりだった。

 (国家)を第一に考えて恐れず諫言を行い、人民に絶大な人気を博し、君主は彼の意見を重視した。質素を心がけること極端で、が食卓に出ることが稀だった。また毛皮服を、30年も着ていたといわれる。

 霊公の王妃は男装趣味があり、町の女性はこれを真似して、男装の女性が流行った。

霊公は禁止しようとして、禁令を出したが、収まらなかった。

 晏 嬰は、「牛の頭を看板に使って馬の肉を売っているようなものです。宮廷で禁止すればすぐに流行は終わります」言って王妃の男装を止めさせた。

 「牛頭馬肉」が、後に羊頭狗肉」になった。

 ただし、見かけを飾って内実をごまかすことが羊頭狗肉の意味だから、意味は変容している。

 司馬遷晏 嬰を尊敬した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

史記徳川家康駿府の文庫に蔵していた図書に「『史記』四十三冊・『史記抄』十四冊」がみえるように、史記原書は膨大であり、一般読書人向けの書物として出版されている「史記」に完全版はなく、皆、抄出本のみである。

 また、China古代の状況を知るため貴重ではあっても、人間群像を文学的な感銘とともに、受け取るという意味では、一部の抄出本でも十分だともいえる。

 全部読まなければ気が済まないとなると、結局積読になってしまい、昧読せずに終わってしまいかねない。

 

一海知義; 田中謙二 『史記 中国古典選』〈朝日選書〉 全3巻、朝日新聞社、1996年。ISBN 4022590033

大木康司馬遷 現代語訳 史記』〈ちくま新書筑摩書房、2011年。抜粋版

小川環樹; 今鷹真; 福島吉彦 『史記列伝』 全5巻、岩波文庫、1975年。ワイド版岩波文庫、2015-2016年

旧版『世界古典文学全集20 司馬遷筑摩書房、1969年

小川環樹; 今鷹真; 福島吉彦 『史記世家』 全3巻、岩波文庫、1980・1984・1991年。

貝塚茂樹; 川勝義雄史記列伝』〈中公クラシックス〉 全2巻、中央公論新社

2001年。抜粋版

旧版『世界の名著11 司馬遷

のように、多くは抜粋版である。

 

China史ノート 1 春秋の晋 6 趙朔 ちょうさく

 暴虐の王、晋の霊公から亡命した義人趙 盾(ちょうとん)は、亡命後に、従兄弟が、霊公を殺害したので、戻ってきて、晋を再び支える。

 この趙 盾(ちょうとん)の子が趙朔 ちょうさく。

 王は代替わりして景公。景公の次が成公。

 趙朔 (ちょうさく)は、晋の景公の姉と婚姻する。

 ※その前に夏姫のこと。

 起源前580年頃、斉国にとんでもない妖艶の美女、王妃「夏姫」がいた。王とも家老とも関係して、王が「太子は家老の顔に似ているな」と争いが起き、王は暗殺される。夏姫は楚の荘王が暗殺した家老を成敗、荘王が側室にしようとすると、側近が「道義に反するからダメです」

 次に子反という側近が「私が側室にしたいので、私にください」と言ったのだが、楚の荘王の縁戚の申公が、 「夏姫は多くの男を不幸に陥れたのだ、よしなさい」 結局、この申公が夏姫を連れて夜逃げして晋に(晋の機密を持って)亡命。夏姫を嫁にした。

 

閑話休題(元の話に戻る)

趙朔 ちょうさくの父、趙 盾(ちょうとん)は、生前、夢を見た。

「趙家の先祖が、趙 盾(ちょうとん)の腰にしがみついて大声で泣き、やがて笑い出して手を叩いて歌った」

いぶかしんで、どういう意味なのだろうかと、亀甲占いをしてみると、「家は断絶するが、末は吉」と出た。史官に相談すると

「大変、不吉です。これは、あなたのことでは、子孫の運命なのです。趙家は、一代一代と衰えるかもしれない」

 趙 盾(ちょうとん)が亡くなり、趙朔 ちょうさくの時代になった時、王は景公。

 景公の司寇(法務大臣)は屠岸賈(とがんこ)という人物だった。

 屠岸賈(とがんこ)はクーデターを企図する。

 まず趙朔 ちょうさくを消すため、

趙朔 ちょうさくの亡き父趙 盾(ちょうとん)こそが、先代の王、霊公を殺したのだ、王殺しの子を未だに重職につけておくのはおかしい」と言い立てた。

 韓厥が趙朔を弁護して「霊公が殺された時、趙 盾は城外にいたではないか。趙 盾の責任ではない」

 趙朔 ちょうさく「韓厥かんけつ殿、あなたが、私を弔ってくれるだけで満足です」と言って、趙朔 ちょうさくは、処刑された。

 趙朔の妻は王族の成公の姉であり、妊娠していて、宮廷から逃げて隠れた。

 趙朔には、友人、程嬰(ていえい)がおり、配下に公孫杵臼(こうそんしょきゅう)がいた。

 程嬰(ていえい)「趙朔殿の遺児が生まれてきて、もし男の子なら、私が育てる。

死ぬなら、その後でいい」

 こどもが生まれると、屠岸賈(とがんこ)は、こどもを殺すために邸中を捜索した。

 公孫杵臼(こうそんしょきゅう)「程嬰(ていえい)よ、死ぬことと、こどもを育てるのとどちらが難しいか?」

 程嬰(ていえい)「こどもを育てるのが難しい」

 公孫杵臼(こうそんしょきゅう)「では、私はその易しいほうの死を選ぼう。程嬰(ていえい)殿は、こどもを育てるがよろしい」

 こういって、ふたりは、計画して、公孫杵臼(こうそんしょきゅう)が、他人の嬰児をもらってきて、立派な襁褓をまとわせて、山にひそんだ。

 そのうえで、程嬰(ていえい)が、

「わしは愚か者だ、趙氏の遺児を育てようと思ったが、やはり無理だ。

だれか私に千金の銭をくれないか。趙氏の遺児の居所を教えるから」

と言った。

 将軍たちは喜び勇んで、公孫杵臼(こうそんしょきゅう)と趙氏の遺児(実は偽者の子)の下に押し寄せた。

 公孫杵臼(こうそんしょきゅう)は、「程嬰(ていえい)の野郎、裏切ったな、最低の野郎だ、許さん」と言って、殺された。

 その後、程嬰(ていえい)が趙氏の遺児を育て、15歳になった。

 その頃、晋の景公が病気になり、伏せって占いをすると、

 「趙氏の祖先の大業という者の子孫が不遇にあり、これが祟りをしている」ということになった。

 韓厥かんけつが、「趙大業の子孫で祭祀が絶えているといえば、趙朔のことではありますまいか」と言った。

 景公は「趙氏には血筋の者はいるのか?」と聞いた。

  程嬰(ていえい)が趙氏の遺児を育てたことを知った景公は、趙武を宮中によび、趙氏の遺児を殺した将軍たちに見せた。

 将軍たちは、保身のために慌てて、

屠岸賈(とがんこ)が企んだことで、我々は騙されたのです」と言った。

 将軍と程嬰(ていえい)と趙氏の遺児は、屠岸賈(とがんこ)を討った。

 程嬰(ていえい)は、公孫杵臼(こうそんしょきゅう)に報告しなければならないと立ち去った。

 この逸話は、その後、脚色されて元や南宋で劇化され、フランスのヴォルテールも脚色した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

China史ノート 1 春秋の晋 5

紀元前600年、晋の霊公。

重耳が艱難の末、秦の援助を受けて晋の王「文公」になったのだが、高齢のため、在位は9年だった。

 文公の跡継ぎ、襄公も即位7年で夭折。

 ここで跡継ぎをどうしようかという話になった。

 太子の夷皋が幼いので、正卿趙盾は晋国の覇権を維持するために、当時、にいて盛名が高かった晋王族のを呼び戻して晋公とすることにした。

 狐射姑は、にいた公子楽を晋公にしようとするが、趙盾は刺客を放って公子楽を殺してしまう。

 狐射姑は亡命する。趙盾は反対派の動向を恐れるようになり、考えを変える。

 夷皋の母もまた泣き叫んで晋の大夫たちを説得して回ったこともあって、夷皋を晋公に立てることに決定したので、秦に向けて軍を出して公子雍の晋入りを拒否した。

 こうして即位した幼い王が成人すると、暴虐の王になった。

 霊公は熊の掌を煮込んだ料理の煮込みが足りないと怒って、即座に料理人を殺させてしまうなど、手がつけられない王になった。

 趙盾は精練潔白の士だったが、王を諫めたために、霊公は趙盾を殺すために鉏麑と言う刺客を送った。

 趙盾の屋敷にやってきた鉏麑は、趙盾の身の修め方を見て、殺すことは正しくないと考え、自ら頭を木に打ち付けて自殺してしまった。

 「立派な人物を殺す罪も、君命に逆らうのも同じ罪だ」と言って、逃亡するのを潔しとしなかった。

 霊公はそれでも諦めず、宴に刺客を潜り込ませたが、趙盾は人の助けでこれを逃れ、亡命した。

 霊公はこれでせいせいしたと、物見台から往来の人に石を投げて、驚くさまを見て喜んだ。 

 霊公の傲慢暴虐な態度に腹を立てた趙穿が霊公を殺害した。

 まだ、国境を出ていなかった趙盾は慌てて宮殿に戻り、襄公の弟の公子黒臀を迎えて晋公に立てた。これが成公である。

 

中国4千年の歴史のウソ

 

 

韓国の「日本加害者」論はいつまで続くか

 むしろ中国共産党政権・北朝鮮がなくならない限り、続く。 中国、北朝鮮があるからこそ、日米韓国に共産主義思想が絶えない。日米韓には金日成主義研究会があり、中国による南京大虐殺プロパガンダを受け入れるグループがあり、米国ポリコレ派・日本共産党新左翼・立民は「日本は加害者」と信じ込んでいる。

ロシア系米国人ユダヤ大富豪アーマンド・ハマー

 レーニンはロシアの製造業生産力が未発達だったため、フォード車、トラクター組み立て工場の建設プラント、アメリカ製医薬品を輸入する必要があった。

 ロシア革命当時19歳で、1924年にコロンビア大学医学部を卒業した青年の父親はアメリカの共産主義者だったので、レーニンの知人だった。青年はレーニンに会いに行き、私が、アメリカ製品をあなた方ソ連に売りますから、と話をつけ、ソ連ばかりか東側共産圏諸国とカナダ・アメリカ製品貿易を独占的に引き受け、莫大な利益を受けた。

  化学製品の処理を行っていたオキシデンタル・ペトロリアムを、「1945年以後に」「経営権」を握り、イラン・リビアの石油開発に乗り出し、大富豪になる。これがアーマンド・ハマーである。

 つまり、以上記述した経緯をよく見ればわかるように、ユダヤ大富豪アーマンド・ハマーが革命を支援したのではなく、革命後のソ連との貿易によって、大富豪になったのである。ディープステイトがロシア革命を支援したというのは、このアーマンド・ハマーの父親がレーニンの知人で共産主義者だったことと、アーマンド・ハマーが1945年以降に大富豪になったことを時系列上、混同しているのである。

 結局、ユダヤ大富豪アーマンド・ハマーの死後、その企業はフランスのカルバン派を先祖とするウォーレン・バフェットに乗っ取られてしまい、ディープステイト?と思われた大富豪一族の活動は終わった。

China史ノート 1 春秋の晋 4

 重耳の父、献公の26年、斉の桓公は、覇者の地位にあり、諸侯を大招集する。

 周の官名で太宰たいさいは大臣のことだった。

 太宰治はこの太宰をペンネームにしたのかもしれない。

 周の太宰、孔氏は、晋の献公に「斉の桓公は傲慢な人物だから、あなたは行く必要がないのではないか」「それにあなたは十分、軍事力を持っている」

 献公は病気でもあったので、これさいわい、納得して帰国した。

 斉の桓公は、この件で献公に反感を持ち、晋から逃亡した重耳を厚遇することになる。

 献公の病気は悪化し、驪姫の子の奚斉を新たに太子に立てられ、荀息(じゅんそく)将軍が太子奚斉の太傅(たいふ)に任命された。太傅(たいふ)とは太子の教育係

 献公が死去すると、荀息(じゅんそく)将軍は相国(しょうこく)(王の最高位補佐)となった。

 荀息(じゅんそく)は、献公の生前、

「太子を頼む、本当に信用できるか」と言われ、「死者が生き返ったとしても、その時、恥じるようなことは、私はしません」と答えたことから、

 後に。里克ら多くの者が奚斉の擁立に反対し、クーデターを起こした時、劣勢に立った荀息は、「死者が生き返ったとしても、その時、恥じるようなことは、私はしません」と答えたことに殉じてクーデターに敗北し、敗残したと後の世評は伝えることになった。

 まず晋の不幸は、献公の寵愛を受けた驪姫りきが、亡き王妃の息子を陥れ、太子が自決したことから始まる。

 むかし献公が北方民族討伐に行った時、占いをして「歯牙(口舌)が禍を招く」と言われたのだが、後世は、この占いは、驪姫りきのことを言ったのだと評した。

 晋の禍とは、驪姫りきが太子を自決に追い込み、息子を太子にしたこと、

 自決した太子の兄弟らが亡命し、内乱が起こり、驪姫りきと息子は殺され、驪姫りき派が重耳派の里克に殺されるのだが、里克もまた、次の王に自決を強要される。

 秦の人質だった王子が帰国し、恵王になった。

 恵王は、秦に「領土の一部を割譲するから、帰国させてくれ」と言ったのだが、約束を破る。

 史記によると、恵王の代、晋で飢饉が起き、秦に援助を頼んだ。

 秦では王が、宰相百里(ひゃくり けい)に対応を諮問し、(恵王は領土割譲の約束を破ったのだが)「天がくだす禍(飢饉)は、代わる代わる巡って来るものだから、援けるべきです」

 秦は晋の恵王を援けた。

 ところが、秦が飢饉になると、晋の恵王は秦を援けなかった。

 側近が「秦は飢饉のとき、わが晋を援けました。ためらうことはありません」と言ったが、王妃の兄が、

 「秦が晋に攻め込むことをしなかったのは、秦が愚かだからに過ぎない。

天が機会を与えてくださっているのだから、秦をこの際、討伐するべきです」

 晋は秦を攻撃しようとし、かえって秦の猛攻撃を受けて退却、秦は晋の亡命者、重耳を晋の王に立てる決意をした。

 呉越の抗争でも、越王勾践(こうせん)が、忍苦二十年の末に呉に報復した後、呉王夫差と越王勾践との間に同じ状況が生まれた。

 越王勾践は呉王夫差の助命嘆願を受け入れようと思ったが、側近の范蠡はんれいが、

「天は呉を越にたまわったのです。天の意思に逆らってはいけません」と呉王夫差を助けなかった。